血栓症

脳梗塞のピークは夏※1 気温30度を超えると死亡率が上昇しはじめ32度を超えると1.66倍※2に!

夏は脱水によって血液がドロドロになりやすく血栓ができやすい季節。脳梗塞も一年でいちばん数多く発症します。さらに気温30℃を超えると65歳以上の高齢者の脳梗塞による死亡率が上昇。さらに32℃以上になると死亡率が1.66倍に急増します。
冬の病気と思わず、日頃からサラサラ血を心がけることが大切です。

※1: 国立循環器病研究センターホームページ 脳梗塞の症例数(季節別)平成20〜22年度より
※2: 下記データより

脳梗塞による死亡率

「熱中症」?それ「脳梗塞」かも

浜岡 隆文 教授
浜岡 隆文 教授[ 教授/医師・医学博士 ]

東京医科大学 健康増進スポーツ医学分野 主任教授

東京医科大学大学院医学研究科修了。1996年第1回ヨーロッパスポーツ科学学会若手研究者賞などを受賞。環境や身体活動度の違いによる筋代謝の適応について研究されており、各種サプリメントの効果検証も行う。新たなテーマとして、脱水時にナットウキナーゼが凝固線溶系に与える効果について研究を行っている。1985年アイアンマントライアスロン世界選手権大会出場完走。

「熱中症」とよく似た「脳梗塞」にご注意ください。

「めまい」「頭痛」「冷や汗」「倦怠感」などは熱中症と思われがちですが、実は脳梗塞も似た症状があらわれます。
熱中症と誤認して治療が遅れ、重大な後遺症が残ることも。脳梗塞も疑って迅速な対処が必要です。

このような症状があったら、脳梗塞の疑いがあります。片方の手足や顔半分の麻痺・しびれ。ろれつが回らない。突然言葉が出なくなる。視野の半分が欠ける。判断に困ったら、救急車を呼んで専門医を受診してください。

ナットウキナーゼ習慣で、血栓予防!

「ナットウキナーゼ」は、血栓のみを溶かす血栓溶解成分です。

身体に良い成分をたくさん持つ「納豆」。血栓予防には「ナットウキナーゼ」が効果的です。「ナットウキナーゼ」は納豆のネバネバの中に含まれる血栓溶解成分で、血栓の主成分であるフィブリンに直接働きかけ、分解(溶解)する作用があります。さらに、もともと人間の身体の中にある血栓溶解酵素の働きを促進するなど、血栓の溶解、予防を助けます。無味無臭なので、納豆が苦手でも摂取しやすいのも特長です。

ナットウキナーゼの効果(ナットウキナーゼ VS 納豆)ナットウキナーゼの方が時間経過とともに周りの血栓が溶け、黒く抜けて見える溶解現象(作用)が進んでいます。

ワルファリンを服用している人も安心。

ワルファリンを処方されている人は、医師より納豆を控えるように指導されますが、「ナットウキナーゼ」は血液凝固成分であるビタミンK2を除去しているので安心して摂取できます。また「ナットウキナーゼ」は血栓溶解作用の他にも血圧降下が確認されています。高血圧の予防と改善に重要な役割を果たすことが期待されています。血流促進作用も認められ、肩こりの緩和につながっていることも報告されています。

詳しくはこちら

血栓症経験者の声 血栓症はある日突然やってくる

夏の朝起きると視界が歪んでいました。ストレスと不摂生、若さを過信していました。立花泰さん 47歳で脳梗塞発症

夏場は脱水で発症しやすいので、日頃からサラサラ血を心がけたいです。田畑浩子さん 62歳で脳梗塞発症

会社で倒れました。冷房がきいている環境でも油断できません。福井眞人さん 40歳で一過性脳虚血症発症

もっと詳しく知りたい方はこちらの動画をご覧ください

※2018年5月30日(水)神奈川県川崎市にてシンポジウムの映像です。

できることからはじめよう。血栓つまる注意報 脳梗塞・心筋梗塞患者は約90万人 ※厚生労働省 平成27年 患者調査より ※脳梗塞は脳卒中の一種になります。